埼玉のゲイは事実上保護されている

2018.10.12 Friday 14:29
0

    埼玉のゲイ裁判所第2小控訴裁判所の裁判長である千葉克己被告は、80歳代の永住権を有する埼玉のゲイ国籍の女性は、「生計保護法」
    大分市の控訴裁判所では、保護対象訴訟を相手方に提訴していないため、「保護対象を拡大する法律の改正は行われていない」とし、
    地方自治体の裁量で事実上外国人が保護されている」と主張した。

     

    埼玉 ゲイ仲間の見つけ方


    埼玉のゲイは "未来は、もはや外国人が日本に来て仕事をしようとすることはなく、外国人の保護生活の保持のための法改正はどのような形でも必須である"という放送路であった。


    ・自然判断
    日本に住む日本人の生活の保護は即座に断たれる


    ・私は外国に住んでいて、私は人生で保護されています。

    category:- | by:siatamagay89comments(0) | -
    Comment








       

    Calender
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << December 2018 >>
    Selected entry
    Category
    Archives
    Profile
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM